« DANCE PARTY | トップページ | 謹賀新年 »

2007年12月23日 (日)

小川俊彦 ALONE TOGETHER

Cd 浅草の雷門前に「はぎわら」という洋食屋さんがあります。お洒落で美味しいお店です。近所に住むマヌエラの常連、杉ちゃんに紹介したらたちまち週に1度は通う常連になりました。

先日「はぎわら」に行ったらジャズ・ピアノのBGMがかかっていました。マスターが「これ小川さんのCDだよ」と教えてくれました。今まで店内のBGMは有線専門でしたが、小川さんのCDをかけるためにプレイヤーを買いました。小川さんはSさんというお客さんと初めてこの店に来て気に入り、一人でも寄る様になったそうです。

ご存知の方も多いと思いますが、小川俊彦さんは1960年代後半~70年代前半シャープス&フラッツに在団したアレンジャー兼ピアニストです。紅白歌合戦、美空ひばり、ニューポートジャズ祭、SJ誌人気投票連続1位、というシャープの全盛期をアレンジャーとして支えました。小川さんは年代的にも前田憲男さんと並び賞される事が多かったですが、アレンジャーとしても、ピアニストとしても、それぞれ全く別のスタンスと考え方をお持ちのお二人だと理解しています。

小生が最後に小川さんにお会いしたのは6~7年前で、東京會舘で行われた笈田敏夫さんのクリスマス・ディナーショーにピアニストとして参加されていた時でした。その後しばらくお会い出来ずにいましたが、2年ほど前に「はぎわら」の常連Sさんが小川さんと親交が深いとお聞きして、その場で小川さんへ電話して、今度「はぎわら」に来る時には必ず会いましょう、と約束をしました。

しかし、その約束も叶わぬまま小川さんは今年の4月に亡くなられました。4年間病魔と闘いながら、何と14枚のソロ・ピアノ・アルバムを自主制作されたそうで、その14枚目だけが先日一般発売されました。タイトルはAlone Together。

「はぎわら」の天井に埋め込まれた小さなスピーカーから流れてくる小川さんのソロ・ピアノは、マスターがフライを揚げる調理の音にかき消されそうになりましたが、私の耳はどんどんCDに引き込まれていき、一緒にいるカミサンとの会話も途絶えがちになりました。

CDは、スタンダード曲のストレート・メロディーを弾いているだけのシンプルな内容です。2コーラス目にフェイクもしなければ、ありがちな倍テンポにしたりアドリブもしません。右手は単音でメロディーだけを押えています。左手は右手をサポートするだけで、決して余計な事はしません。

俗に、演奏の誉め言葉として「歌っているネ」というのがあります。「演奏が歌声の様に人の心に響く」という意味で、ミュージシャンはひたすら「楽器で歌うように演奏できる事」を目ざして音楽をやっています。しかし楽器演奏には歌詞も無く、声のように自由にあやつれないハンデもあって、歌の様に感動を与えるのはなかなか難しい事なのです。それなのに小川さんの右手のシングルトーンのメロディーは何であんなに歌うのでしょう。ビブラートやポルタメントなどで表情ををつけることの出来ないピアノという楽器で・・

小川さんは余命を感じてピアノに向かっていたのです。きっと購買者や聴衆の拍手とか賛辞を期待して弾いていたのではなく、無心でピアノに向かい、自分に聴かせ、自分と会話したのだと思います。厳しいものを感じます。だから余計に他人の心を打ちます。
まずい!私が落涙しそうになっているのをカミサンに感づかれないようにしなくては・・

帰りがけにマスターが「よかったら家に帰ってコピーすれば?」とCDを渡してくれようとしましたが、お断りして購入する事にしました。
PCで販売元を調べたら萩原ミュージック・ビデオ・プロデュースとなっています。偶然ですがLHOが何度か練習させてもらった大手町HMVPスタジオのオーナーで、LHOのHRYM、OZW、MZTなどの知人の会社です。
皆、心の琴線は同じだと言う事ですね。

LHO橋本

« DANCE PARTY | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

いいお話ですね。SAXでも一音の深みに鳥肌が立つことがあります。村上春樹さんが「ポートレイト・イン・ジャズ」で綴られていた、ビリー・ホリデイの「君微笑めば」の話を思い出しました。つい先日、六本木の「ファースト・ステージ」というお店で、大病後で耳が不自由になられたお客様の“ピアノ弾き語り”を聴いたときも、そんな感動を覚えました。

LHO水田

病気で耳が不自由ながら「弾き語り」はすごいです。「いい耳」をされている時に、沢山インプットがされていたということだと思います。

社会人バンドBig Wing Jazz Orch.のトロンボーンにScott Warrenというアメリカ人がいます。彼から聞いた話ですが、歌の上手な人への褒め言葉は「いい耳をお持ちですネ」というのだそうです。

アメリカ人って洒落ていると思いません?

♪はい、すごく洒落ていると思います。小生は英語音痴で気の利いたレスポンスができませんが、他にもいろいろユニークな表現があるんでしょうね…。
※その弾き語りのお客様は、まったく…というわけではなくて、かなり不自由…といったご様子でしたが、それにしても凄いなあ…と感心しました。

♪The Oz Sonsは、創業34年のBig Wing Jazz Orch.とも共演の経験があるんですね!
TBのScottさんとの面識はありませんが、発足当初からのメンバー・横川尚幸氏(BS)とは親しくしていて、つい先日も阿佐ヶ谷の飲み屋街で遊んでもらいました。Big Wing Jazz Orch.は今年もオーストラリアのManly Jazz Festivalに出演するなど活発に活動されているようです。

♪橋本さんの文中にあったHMVPの萩原さんとBig Wingの横川さんが中央のスウィング・クリスタル orch.で一緒だったというのも話の展開上の面白い縁です。

LHO水田


Big Wingのリーダーで、東京社会人ビッグバンド連盟の委員長である小浜賢治さんから、一面識もないのに「一緒にやりませんか?」とメールが来たのには驚きました。3グレイセスや鈴木史子と一緒にやったことをOZSONSのサイトで見つけたのがきっかけです。小浜さんは、毎年、コンサートのチケットを送ってくれます。

もちろん、横川さんは僕らのときも前列の一番右側にいました。小浜さんもSwing Crystalです。TBの岩倉さん夫妻には会う機会が多いです。奥さんがThe Shoe Creamsというボーカルグループ(オバサンコーラス)で唄っているのです。

そうでしたか、小川先生4月にお亡くなりになられたんですか・・・・。私のF年リサイタルのフィーチャー物は小川先生にアレンジしていただいた「You don't know what love is」でした。当時コンマスだった川上と先生のところにお邪魔した時「この曲はアルトで演った方が音域的にいいんだよね。」とおっしゃって快く引き受けてくださったのを今でもよく覚えています。しかし二十歳そこそこの若造であった私はまだLOVEの何たるかを理解することなく、先生のアレンジの奥に秘められた心の襞を表現することは出来なかったわけです。そして私の中ではLOVEの意味探しは今もなお様々な形で進行中なのです。

The Shoe Creams…っていうのも洒落た名前ですね。岩倉さんの奥様とは某ビッグバンドでご一緒させていただきました。たしか某国営放送局にお勤めで、ライトS46年卒OBの衣奈丈二さんが上司ではないかと思います。
そのビッグバンドでは岩倉さんの奥様が4thテナーSAXで、曲名は忘れましたけど彼女のテナーソロの曲があって、当然、誰もが本番ではテナーを吹くものと思い込んでいたところ、やおらマイクを手にとっての歌ソロにしてメンバーを驚かせました。お茶目な人ですね。
そうそう、そのときピアノを弾いていたのが小浜さんの奥様でした。もう5~6年前になるのかなあ…懐かしいです。
中央のSwing Crystal系には面白い人が多くて、OBライブでMC&パーカッションをやった「ばんきんや」さんはとにかく可笑しかったです。HPのキャッチフレーズは「今世紀最大のマイナー・エンターティナー」です。

いかん、話を本筋に戻して…

小川先生のアレンジ、三浦さんアルトの「You don't know what love is」は聴きたかったです。この曲も深いですよね…「Do you know~」のところが、ぞくっとしちゃいます。

LHO秋田支部長はYou don't know what love isのスコアかパート譜お持ちですか?

私のところにはありませんが、ライトの部室にあるはずです。結構盛りだくさんのアレンジになっていますが、小川先生が「この通りやらないで自分達でいじって演奏してね」とおっしゃったので、かなりカットしたりしました。頭はアルトの無伴奏ソロ、サビからリズム隊が入ってボンコのようになり2コーラス目から全体が入りガンガン盛り上げます。で最後はまたボンコスタイルで終わるという構成にしました。コンマスの川上が「フルバン要りませんね」と笑ったものです。

機会をみて部室を探してみます。
GHのヤジオが一人で行っても、こそ泥と間違えられるのが関の山ですから誰かと一緒に行かねば。

4年の時、就職内定後、会社でバイトをしていましたが、その時初めてADをやったのがシャープのクリスマス・アルバムで、小川さんと渋谷毅さんの編曲でした。現役も何年間かその譜面をクリスマス・シーズンには使っていたと思いますから、これも部室にあるかも知れません。

ビリー・ホリデイのYou don't know what love isには圧倒されました。演奏物ではエリック・ドルフィーが神がかっていましたね。卒コンに選曲したのもよく解ります。

私がビリー・ホリデーの「You don't know~」と出会ったのは卒業してからでした。「~until you've learned the meaning of the blues~」の歌詞を聴いた瞬間に「あーっしまったあーっ!」と思ったものです(笑)。当時の私の演奏は多分にJ・コルトレーンとE・ドルフィーの影響を受けてしまっていました。もっと歌詞を勉強するべきだったと後悔したものです。ところでこの曲を選んだのはコンマスの川上なんです。私は大胆にも「枯葉」をやろうかと思っていたのですが、小川先生のところへ向かう途中、川上に「三浦さん、You don't know~をやりませんか?」と言われて即座に、それはいい!ということで電車の中で決めたんです。その瞬間から私にとってとても思い入れの深い曲となったのです。今でも風呂に入りながらビリー・ホリデー風にこの唄を口ずさんでいます。

♪コルトレーンの「You Don't Know ~」が入った名盤「Ballads」は、買おう、買おう、と思いながら、なぜかいつも後回しになってきました。それからリー・コニッツの「You Don't Know ~」が入っている「Motion」も聴いてみたいし、もちろん小川俊彦さんの「Alone Together」も…年が明けたらまず、このあたりのCDを入手してみたいと思っています。

♪昨夜、阿佐ヶ谷の某居酒屋で店主が「1950年代の日本に凄いピアニストがいたんだって…。でも31歳の若さで自殺しちゃった人で、伝記も出ているんだけど、水田さん知ってる?」…とか聞いてきたので…「守安祥太郎でしょ。幻のモカンボセッションだよね。」…とか知ったかぶりの教科書風に答えたのですが、実は聴いたことがないんです。これも年明けだな…と思っていますが、こちらは入手するのが難しいかも知れませんね…。

…そんなこんなで来年も、JAZZファンは退屈せずに毎日を過ごせそうです。引き続きよろしくお願いいたします。

http://www.ozsons.com/SawadaYasushi/

に小川さんの古い写真が載っています。
これは1981年の「杉原淳とカンザスシティバンド」の写真です。みんな若いです。

拝見しました。
確かに皆さんお若い。
その中で小川さんだけは最初にお目にかかった時からずーっと変わっていない印象です。
おそらく子供の頃も似た様な感じではなかったかと。

LHO大谷津ASも現役コンマス時代に小川さんに編曲を依頼していた事が先日の新年会の時にわかりました。多分1989年頃だと思います。

秋田支部長のYou don't know what love isが1986年だと思います。

私の頃から数えると、現役は20年間小川さんに編曲でお世話になったということになりますね。

ずいぶん遅いコメントですが、
小川俊彦さん=ピアニスト&アレンジャーというのは
昔から知っていたのですが、いまごろバンド道楽のほうで
妙に気になってさまよってたらここに…
あのひとどうしているのかな、と思うと伝説の人になってたりして、世の中せまいですね。

Mike StraightAhead様

たどり着いていただいて有難うございます
日本のBigBand界を支えた一人が旅立たれました
淋しくなりますね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435987/9532806

この記事へのトラックバック一覧です: 小川俊彦 ALONE TOGETHER:

« DANCE PARTY | トップページ | 謹賀新年 »

フォト
無料ブログはココログ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30