« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火)

ドラマーに効くヨガ(下半身編)

好評にお応えして(?)第2弾、下半身編です。

※     どのポーズも息は止めずに、自然呼吸で行って下さい。
※     それぞれ10~20秒間、静止して耐えます。
※     直前の食事、飲酒は控えてください。

Photo
【足首まわし】
手と足の指で握手して、足首を回します。逆回しも。関節が弛み血行促進。
Photo_11
【指、足首、膝のストレッチ】
切れの良いペダル・ワークをお約束します。
Photo_12
【結跏趺坐】
足の甲、膝のストレッチ。上下組み替えて行う。
Photo_13
【膝のストレッチ】
Photo_14
【膝のストレッチ】
前のポーズの逆刺激。骨盤、脇腹、祖形部の修正。
Photo_15
【犬(山)のポーズ】
アキレス腱、膝裏のストレッチ。血行促進。
Photo_16
【犬(谷)のポーズ】
骨盤、足指他。血行促進。山、谷を連続で。
Photo_17
【祖形部のストレッチ】
太腿、膝、肩甲骨にも効果あり。血行促進。
Photo_18
【捻りのポーズ】
骨盤背骨の修正。ライブや練習の後に。
Photo_19
【卍のポーズ】
骨盤背骨の修正。
以上でドラマーに効くヨガの終了です。何?勝手に写真を並べて喜んでろ!って?まあそういわずに・・連休の暇つぶしなんですから。ご笑覧ください。

ドラマーにとって大事な手足に効果的なポーズの、ごく一部を紹介した訳ですが、呼吸法も大変プラスになります。例えばフルバンドのドラムは、叩きながらリードラッパなどに合わせて歌っています。実際に声を出して歌うのではなく、自然にメロディー楽器のフレーズと同じ息づかいになる、と言う意味ですが、ヨガの呼吸法のおかげで楽に「歌える」ようになった気がします。

有史前にインドで誕生したと言われるヨガですが、元々は宗教的な場面で修行の一環として行われていた心身の鍛錬法でした。現在はその一部、アサナ(ヨガ体操)のフィットネス効果が注目されてブームとなっています。指導者によって様々なスタイルがある様ですが、基本的な考え方や効果は皆同じだと思います。私のマイ・ブームは既に去り、生活の一部になりつつあります。月に平均8回、多い月は12回ぐらい神田の教室の早朝クラスに通っています。天気が良い日は片道20分ほどチャリンコです。排気ガスの少ない脇道を選び、毎回コースを変えて景色を楽しみながら。

「今日の腰の具合はどうかな?」「昨日喰い過ぎたから身体が硬いなー。」「睡眠不足のわりに調子がいいぞ!」と言った具合に、アサナを通じて自分の身体と会話しながら、仕事や浮世の煩わしさから解放される1時間半です。数日間ヨガをやらないと、長い間風呂に入らなかったり歯を磨かなかった時と同じような気分になります。そしてヨガをした後は全身に爽快感にを覚え、集中力や前向きな思考が増します。

アサナの他にも色々な要素を含んでいるヨガですが、個人の取り組み方や考え方によって、人それぞれのヨガで良いのではないかと・・私の場合、ごくシンプルに「呼吸法をともなうストレッチ体操」と理解して続けています。美味しく酒を呑み、好きなドラムと釣りを続ける為の大切なパートナーなのです。

LHO:橋本

2008年4月18日 (金)

ドラマーに効くヨガ(上半身編)

私がヨガを始めたのは38歳の時でした。会社の同僚だったヴィレッジ・シンガーズの小松 久さんが始めたというのを聞き、連れて行ってもらったのがきっかけです。

私は当時ショート・ホープ60本~80本のヘビースモカーでした。仕事の軋轢を酒でクリアする毎日で、身体はボロボロ。循環が悪く夏でも汗をかけず、眼もドライアイの状態になっていました。おまけに持病の椎間板ヘルニアをかかえ、3回の入院(牽引)や、指圧、鍼灸、カイロ整体と、色々手を尽くしても悪化する一方で最悪の状態になっていました。

こりゃ何とかせねばアカン!と思っていた矢先のヨガへのお誘いに、藁をも縋る思いで教室へ。効果は劇的で、すぐに健康的な汗のかける身体に戻り、ドライアイも治り、1ヶ月後には禁煙出来ました。

釣りやドラムと言った腰に悪い趣味ばかりなのにもかかわらず、ヨガのおかげでヘルニアも快方に向かい、23年たった今ではヨガを止める事に恐怖を覚える毎日となってしまいました。

通う内に、ヨガはドラミングにも効果を発揮する事を発見しました。従来からあったスティックを使った手首の柔軟運動は行っていましたが、ヨガはそれにも増して、手、肩、首、肩甲骨、腰、膝、足・・柔軟性と持続力を必要とするドラマーの準備体操として最適なのです。そして激しい練習やステージの後の、アンバランスに歪んだ関節や筋肉のクールダウンにも抜群に効果を発揮します。

現在通っている教室の主宰者、石井三郎先生が出版された「身体に聞くヨガ」
http://www.gendaishorin.co.jp/i/20071002_175336.php
のタイトルをパクって「ドラマーに効くヨガ」をご披露したいと思います。
1回目は上半身編です。

※     どのポーズも息は止めずに、自然呼吸で行って下さい。
※     それぞれ10~20秒間、静止して耐えます。
※     直前の食事、飲酒は控えてください。

Photo

【手首のストレッチ】
腰をまっすぐに、ヒジをのばし、手の平と手の甲をストレッチ。それぞれを数回繰り返す。スナップの効いたストロークが生まれます。

Photo_3

Photo_5 

【肩甲骨、肩のストレッチ】
背筋を伸ばし、顔は正面を向くのがポイント。脇腹のストレッチにも効果があります。

Photo_6

【肩甲骨、肩のストレッチ】
腰を入れ、背筋を伸ばし、顔は正面を向くのがポイント。骨盤の矯正にも効果あり。

Photo_7

【肩甲骨、肩のストレッチ】
前2つのポーズの逆刺激。組み直して左右行う。顔は伸ばしている肩の方を見る。

Photo_8
【ウサギのポーズ】
両手を背中で組み、額を前傾、組んだ手を背中から離す。尻を上げ、顎を引き、膝と頭頂部で支える。頭頂部の刺激と肩甲骨、肩のストレッチ。頭頂部(百会)の刺激でイマジネーションが湧き出します。(二日酔いも瞬時に回復するオマケ付き)

お試しください!!

(LHO*橋本)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

フォト
無料ブログはココログ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30