« トランポ | トップページ | メシアンのロンドン便り(1) »

2008年9月 9日 (火)

2008年秋の軽井沢イベント終了!

Photo_3 (左からLHO齋藤、粟野、新井、橋本…万平ホテル前にて)

LHOの今年のメインイベント、
9月6日のダンスパーティー(万平ホテル)と
9月7日のコンサート(軽井沢大賀ホール)が終了しました。
本来ですと「無事終了」「大成功」とお伝えしたいところですが、
今年は両日とも天候不順の影響を受けてしまいました。
上の写真は万平ホテルに到着した時のもので、
この時は「穏やかな初秋の軽井沢」といった陽気でした。
ところが初日のダンスパーティーが終わる頃から雨が降りだして、
我々が撤収する頃には、とんでもない大雨になりました。
翌7日、いったん雨はあがったものの、
コンサートの開場直前になってまた集中豪雨が…という事態で、
足を運んでくださったお客様には心から申し訳けなく思っています。
「足元が悪いなか」…といった常套句ではすまないほどの雨でした。
「傘ではしのぎきれないほどの大雨のなか」…のご来場を
本当に、本当に、本当にありがとうございました。

こうした天候不順に泣かされた開催でしたが、
LHOメンバー、ゲスト一同、いつも以上に気合を入れてステージに臨み、会場の皆様に楽しんでもらえるよう演奏いたしました。
お客様にはきっと喜んでいただけたことと思っています。
以下、当日のアンケートに記載された感想を抜粋してご紹介します。

「All very nice!splendid!」
「全曲よかったです。甲乙つけられません」
「会場、構成、ともに素晴らしくて申し分なし!もちろんLHOの演奏も!」
「程良い大きさのホールでリラックスして聴けました」
「今までで一番良かった!」
「LHOを聴くのは2回目です。キレの良さが最高です」
「懐かしい曲、知ってる曲が多くて楽しませてもらいました」
「やっぱりジャズは最高!」
「グレン・ミラーの曲が懐かしく良かったです」
「どの曲も本当に素敵でした。とても楽しい一夜でした」
「軽井沢に来て大好きなジャズを楽しめて感動いたしました」
「毎年、LHOを楽しみにしています」
「初めてジャズのコンサートを聴きにきました。わかりやすくて良かったです」
「ティファナ・ブラス・メドレーが懐かしくて鳥肌がたちました」
「とっても感動しました。こんな時間を共有させていただき感謝しています」
「藤本さんのトランペットが素晴らしかった。心にしみました」
「トロンボーンの音が綺麗でした」
「トロンボーン・ソロの2曲がとても良かった」
「益田さんのクラリネットが魅力的!」
「クラリネットの隣のサックスの彼、素敵でしたよ~」
「OZ-SONSは親しみやすくて、品があって、大変良かったです」
「理子さんのピアノと歌が楽しかった。CDも買いました」
「まきみちるさんの声が素晴らしい。New York, New Yorkが良かったです」
「最後のSing Sing Singのピアノが凄かった~!」
「来年もぜひ聴きたいです!」
「毎年、企画してください。都内の出演情報も知りたいです」
「東京でもコンサートをやってください!」
「来年のスケジュール案内がほしいです。CDも出してください(購入希望)」

…こうした最大級の賛辞をいただいて重ねて御礼申し上げます。

♪LHOメンバーの皆さん、2日間お疲れさまでした!

またイベント当日はいろいろな方々のお世話になりました。
ゲストのOZ-SONSの皆さん、まきみちるさん、小川理子さん、益田英生さん、客演の渡邊恭一さん、MCの松野芳子さん、大西泰輔さん、
万平ホテルでのパーティーのステージを盛り上げてくれた、
赤羽紀武さん、杉村正蔵さん、白石恵一さん、中田光雄さん、大橋英士さん、大原江里子トリオ、マヌエラ・シスターズの皆さん、
両日の進行を担当してくれたFM軽井沢の山見真弘さん、
会場の万平ホテル、軽井沢大賀ホールのスタッフの皆さん、

PAの皆さん、打上げで我儘を言わせてもらった関所茶屋の皆さん…
ありがとうございました!

そして本年度も軽井沢でのイベント開催を暖かくご支援くださった
「ユーキャン」をはじめとする協賛各社の皆様に心からの感謝を申し上げます。

LHO/水田 一穂

※両日の様子はOZ-SONSのサイトでもご覧いただけます。
http://www.ozsons.com/ozsons-pit/LHO2008Karuizawa.htm

« トランポ | トップページ | メシアンのロンドン便り(1) »

コメント

LHO絶賛の嵐!!ついに、大雨まで呼んでしまいましたか。
10月の関西公演(25日・関学OBバンドとのジョイントコンサート)、(26日・関西合同三田会)の演奏、今からとっても楽しみです

ほんとにお疲れ様でした。
いつもながらLHOはお客様が喜ぶプログラム作りでいい手本になります。

OZSONSも小難しい曲を歌わずにポピュラーな曲選びをしたほうがいいと思う今日この頃です。つい、凝りに凝った曲選びをしてしまうことが多いのです。私はオージーサンズでなくて、意地悪ジーサンズかもしれません。

企画大成功おめでとうございます。
皆さん、今年はますます脂が乗って来ましたね。
この勢いで年末まで飛ばしてくださァい。

豪雨の中ご来場いただいたお客様、本当にありがとうございまいた。
出演者、スタッフの皆様、大変お疲れ様でした。

2日間の状況は水田レポートの通りですが、私個人として印象に残った事を思い出すままに・・

【踊る万平ホテル】
ダンスの好きなお客様が多くお見えで、ハッピー・ヴァレイはダンス・ホールと化しました。LHOもお客様のダンスに乗せられて、大変楽しく演奏する事が出来ました。

【パワーアップしたOZ SONS】
この日に向けて合宿を張ったOZ SONS。いぶし銀のハーモニーにも磨きがかかり、イベントに風格を加えていただきました。マヌエラ一行のマネージャー役を買って出てくれたコトリさんにも感謝いたします。

【赤羽紀武さんの“Fly Me~”】
40年間で何十回となく聴いた赤羽さんの“Fly Me~”ですが、今までの中で最高の出来映えでした。エライ!

【小川理子のSing×3】
リハーサル時に思いつきで言った一言が、1時間後の本番であのような形に開花しようとは!培った音楽性と構成力に拍手!

【益田英生クラリネット】
今や、益田CL抜きでLHOのGMもBGも考えられません。

【佐藤善典の“Wave”】
前夜、ホテルの佐藤BTBの部屋にブラス隊が全員集合して、ラブソングの演奏方法についての研究会が12時過ぎまで行われた模様です。翌日の佐藤BTBの初ソロ“Wave”には、その研究会の成果が充分に出ていたと思います。

【齋藤成人:リードTP】
手前味噌ですが、2日間のLHOの出来映えは、今年一番だったのではないかと思います。その第一の原因は齋藤リードTPの好調さにあると思います。文字通りリードする形でバンド内に良い空気が伝わり、気持ちよくバンドがドライブしました。
本人曰く「毎日吹いていればもっと良くなりますよ!」

★一番ウケた話
【OZ SONS 小島さんのMC】
若山先生(某大学教授)の96歳になるお母様の話。
母「何処へ行くの?」
若「学校」
母「お前、まだ学校に行ってるのかい?」


♪「Sing Sing Sing」の理子さんのピアノソロには、
とにかくぶっ飛びました~!

♪JATPさんのライト2個付きパツラーの熱演にも拍手~!
けっこう重かったらしいです。お疲れさまでした~。

♪OZ-SONSのコーラスを初めて聴いた愚妻の感想…
「思い描いていたより断然よかったです~!」

軽井沢2デイズ、お疲れ様でしたぁ〜♪

またまたまた、楽しんじゃいました♪アハハハッ♪
演奏している本人が楽しまないと、お客様に、伝わらないっすからねぇ♪ハハッ♪

それにしても、LHOは、どこまで、進化するんでしょうか?
メンバーでありながら、クリビツテンギョウです♪
こんな素晴らしいバンドにいられて、最高に幸せです♪ありがとうございます♪

私の、電飾シリーズ?(笑)も、今後さらに進化させたいと、計画中です♪アハハハッ♪
ちゃんと、ジャズるんで、勘弁してくらぱい、おっぱい、ウナギパイ♪アハハハッ♪

しかし、帰りの大宮駅で、ラッパ吹いて、駅員に捕まらなかったことと、LHOのお客様で、乳○保@Tbの、クリソツさんに、ばったり出会ったことが、さらなる、思い出っす♪アハハハッ♪

大宮駅での体を張った撮影会でしたね。
サミット期間中だったら完全に逮捕されてます。
窓越しだったんであんまりはっきりしてませんが、
写真集に是非モンで・・MZT管理人、ひとつヨロシク。

「電飾シリーズ」はカミサンにも大ウケです。
周りの照明を暗くするともっと目立ったのに、
なんて訳の判らない事を言ってました。

あの写真はそういう写真だったのですか。
酔っ払って軽井沢駅で乗りそこなったのかと思っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年秋の軽井沢イベント終了!:

« トランポ | トップページ | メシアンのロンドン便り(1) »

フォト
無料ブログはココログ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30