« 代沢の花見 | トップページ | 石川早苗さん(VO) »

2009年4月22日 (水)

DVDを見ました

P4220127 Takuu In PersonDVDが送られてきました。リハーサルから本番終了まで、全てのプログラムを収録したものです。本来、アマチュア・ミュージシャンとしては、楽しかった記憶のみを残し、記録は残さない・・というのが私の主義で、ここ数年間意識的にLHOの録音物は聴いていませんでした。とは言え、せっかく送っていただいたのだからと、恐る恐る見てみました。ラフな編集ながら、当日の楽しくも充実したプログラム進行が再現されていて、Takuuの歌に対する真摯な気持ちと、人間性が感じられるDVDでありました。

(メンバーでコピーが欲しい方はメールにて小生宛請求ください)

(ここから話がマニアックになります)

Sinatra Live at the Sands」は2部構成になっていて1部はカウント・ベイシー楽団のみの演奏で、2部になってシナトラ御大が登場した・・と言う事はベイシーのCD「Before Frank」が約40年後に発売されて初めて判りました。Takuu In Personの発起人とプログラム構成の打ち合わせ時に、Takuu登場の前にLHOで数曲演奏しませんか、との相談がありました。つまり「Before Frank」をやらないか、と言う事ですが、3部構成である事を考え辞退致しました。結果、1部2部3部のメリハリがついて良い流れになりましたね。

以下は、LHOも出演した3部に関する感想です。

(恥かしながら、手前味噌的発言ですが)

歌とピアノ以外は全部オーディエンス・マイクから拾うと言う環境が幸いだったのか、Takuuのドライブ感に乗せられたのか、LHO的には2~3の飛び出しを除くと、良い感じにSWINGして歌伴しているではありませんか!シナトラ物は歌のレンジもさる事ながら、楽器のレンジが広く特にリード・ラッパ泣かせです。しかもオリジナル・キーですから尚更辛い。当日のLDTPのリード・ワークは絶好調で(Too Close For Comfortを除く)ヒット率は練習時よりかなり高く安定性がありました。そりゃそうですよね。1番ラッパ吹きながらコンマスをやっている訳で、練習時は吹く事より聴く事に集中しますから、ハイノートの打率は下がりますよね。絶好調のリードラッパがいる限りLHOは安泰です。私のペダル・ワークで迷惑かけるのが早いか、LDTPのレンジが狭くなるのが早いか、これからはサバイバル・ゲームだな~

その他で特筆すべきは辻PFの上達ぶりです。TakuuとのAngel Eyesの個人練習で重ねた焼酎の数の分だけ固さがとれたというか、それ以外の譜面の解釈も数段良くなった感じです。彼はしばらくバンドから遠のいていましたが、勤務地名古屋からの遠距離参加の成果がここに来て花開きました。スタジオ・ミュージシャンで稼ぎ頭の某シンセサイザー・プレイヤーが「1年生でライトに入部した時、辻さんのすごいピアノに接して即ライトは退部しました」と話してくれたのを思い出しました。

「ダンスと歌伴・命」のエンタメ・フルバンの看板を掲げて10年経過しましたが、シナトラ物の歌伴は演奏していて格別に楽しいし奥が深い。今回のライブのために新調した譜面も1回きりの使用ではもったいない。機会があったらまた一緒にやりましょう。

LHO:橋本

« 代沢の花見 | トップページ | 石川早苗さん(VO) »

コメント

最近、LHOはこの様なハードな本番が時折あり、LDTPとしては高血圧が心配です(笑)。ついに昨日は、産業医の先生から「これは高すぎ。降圧剤による血圧管理を始めましょう」と宣告され、明日から痛飲、じゃなかった「通院」です。

いやいや、LDTPさん♪
まだまだ、隣で、勉強させていただきたいことが、山ほどありますので、健康管理に気をつけて、100歳まで頑張りましょうネ♪アハハハッ♪
これからも、よろしくお願い致します♪アハハハッ♪

LDTPも来年1月で、アラ環じゃなくてモロ環ですから無理もありません。ファーガソンは毛細血管を何回も切って手術したらしいですね。それ以外、ラッパ吹きが気をつけたいのが眼圧です。南里文雄さん、森川周三さん、羽鳥幸次さん、皆さんそうでしたからラッパ吹きはモロ環を過ぎたら毎年眼圧のチェックが必要ですよ。100歳まで吹くにはネ。

本番でのLDTPさんのハイノートは凄かったですね。
エリックのマウスピースに替えたせいもあったのか、とにかくハイノートが気持ち良いくらいに出ていましたね。
New York,New Yorkの最後のところでは、小生の絶叫に近い「Yor~~~k」で、息が続かなくなるまで歌い伸ばして事切れた後も、LDTPさんのハイノートは続いていましたから!!

辻PFさんとは、銀座のとあるスナックバーで3回ほどAngel Eyesの練習を行いました。
この時、まず感心したのが、Sinatra At The Sandsにおけるこの曲を完全ピーコして、しかもそれを全て譜面に起こして来たではありませんか。
シナトラはAt The Sandsでは、この曲を頭から終わりまでルバート的に歌っているので、ピーコするのも大変だったと思うのですが、これに触発されて、小生もシナトラをピーコするべく一生懸命に練習しました。

LDTPさんや辻PFさんのみならず、LHOの皆さんは、お一人おひとりが素晴らしいプレーヤーだと思います。

このような素晴らしいメンバーと一緒にシナトラを歌えたという事自体、本当に幸せ者だと思っています。
また、皆さんとご一緒出来る機会があればいいな~と、本気で思っています。

私にもTAKUU氏からDVDお送り頂きました。
ありがとうございました。
素敵な仲間たちに囲まれ、堂々と歌うTAKUU氏のエンターテイナーぶりが上手くとらえられていますね。

演奏内容は、皆さんがおっしゃるとおり申し分のないものでしたが、おしゃべりもよかったです。シナトラのステージ、歌はいうまでもないですがもう一つの楽しみが、曲間の語りにもありますね。これが、TAKUU流に上手く構成されていて、おもわずニヤリとしたり、なるほどそういうことだったのかとか、楽しめました。

また、こんないいステージができたのも聴きに来てくださったお客さんも素晴らしかったからですね。ステージは、決して舞台の上にいる演者だけで作るものではなくお客さんと一体になって作りあげていくものだなと、今回つくづく思いました。

音楽仲間、友人、ご家族、仕事つながりの方々、多くの素敵な人々と過ごしたこの時間はホントに貴重なものでしたね。

昨日”拓生インパーソン”幹事が集まりHMD君の新オフィスでDVD試写会を行いました。INB発起人代表の音頭でデパ地下で食料をどっさりと買い込みビールにワインを死ぬほど仕込みましてご機嫌な披露会となりました。

あのDVD、実に素晴らしい仕上がりです!
編集された皆さんのご苦労に頭が下がります。
KWSMさん、”もう思い残す事はない!”でしょうか?? もう一度もう一度で良いから・・・と思われているような気がします。
アマチュアシンガーであんな事が出来る人は極めて稀ですよね。

お見事、お見事。
あらためておめでとうございます!!

♪辻PFの進化には私も愚妻も感動しています。アル中のような生活をしながら、たいしたもんです。
※ちなみに辻PFが最初に買ったJAZZのレコードはChick Coreaの「Now He Sings, Now He Sobs」だそうです。
MZT

って事は、ジーツの高校時代はクラッシック・ピアノを弾く
長髪の坊ちゃんだったって事ですか?

♪辻PFの高校時代は知りませんが、ライトに入部してからの風貌はHISTORYページ最下部の現役時代写真館で確認できます。
短髪七三分け&LACOSTEのお坊ちゃまタイプ、当時から眉毛がスイウの公家様タイプでした。
ジャズピアノの基本はジュニア時代に勉強して…ということだったと思います。
MZT

PS:辻PFの場合、40年前も今も、
胸ポケットから「櫛」が出てきて笑えます。
MZT

似た様な話ですが、ザワオは本番30分前になると必ず電気カミソリで髭を剃るんですよ。
あれは誰かに言われたんですかねえ?

♪OZWさんの本番30分前の儀式ですか…目にしたことがあるような気もします。
ふつうは水分補給や水分排出でしょうか。
LHOの場合は場数を踏んだ図太いメンバーが多くて、本番前はリラックスしているように見えますね。
MZT

皆さんGWはいかがお過ごしですか?秋田はまだ桜が楽しめます。ところで「本番前」の話題ですが、思い出すのはF年の山野の時ですね。ジャーマネが異常に気合入っていて、メンバー全員に「マムシドリンク・スーパーZ」とか言う、1本千円くらいするドリンク配ってくれました。本番のSAXリーソでは全員前かがみでチータしましたよ。それはそうと、先日近所の2歳上の先輩の家に和泉宏隆さんが来たので(昔からの知り合いらしいです。秋田市でのライブの時はいつも先輩のとこに来るらしいです。)呼ばれて行ったのですが、ライト出身ですって自己紹介したら和泉さん仰天してました。まさかこんな田舎でライト出身者に会うとは思わなかったんでしょうね。ミニライブを聞いたあと、宴会やって、その後セッションになって、明け方帰ってきました。私を招待してくれた先輩はベースを弾く小学校の教頭先生ですが、私を呼んだ本人が一番仰天してました。

♪ラッキーな偶然といえば…

先日の朝、たまたまかけたレコードが
Max Roachの「Speak, Brother, Speak!」で、
「やっぱりいいなあ」「My Favoriteのベスト10に入るなあ」
とか思いながら聴き惚れました。
で、その日の夜、某ビッグバンドの練習に
トラで参加させてもらったところ、
偶然にもそのMax Roachを敬愛されているドラマーの
阿野次男さんが遊びにきて数曲お付き合いをしてくれました。
対面での目が合う位置関係で緊張しましたけど、
貴重な体験ができて感激しました。
カウント出しから感動したメンバーが多かったようです。
朝から晩まで、
Max Roach万歳!…みたいな一日でした。

※本番前の高価な栄養ドリンク補給は
OZWさん、ISMRさん…がいつも励行されています。

GWも平常通りのMZTより

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435987/29233622

この記事へのトラックバック一覧です: DVDを見ました:

« 代沢の花見 | トップページ | 石川早苗さん(VO) »

フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31