« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

澤田一範 with Strings

Strings_edited_2 2010年7月29日

橋本DSに誘われて澤田一範with Stringsを聴きに行ってきました。昨年軽井沢シリーズで小澤AS欠場のおりLHOにトラ出演いただき圧倒された(バンドが変わってしまった)という話では聞いておりましたが、生を聴くのは今回が初めて。優しいという言葉がまさにピッタリのアルトサックスの音色と流麗なフレーズ(というより唄心)を堪能しました。最近はヒステリックな奏法が主流な中で澤田さんの演奏に思わずニヤッとしたひと時でありました。バンドの編成はピアノトリオに3vln+1vla+1cel+Oboeという10人。チャーリー・パーカーApril in Parisのイメージからちょっと弦が薄いのではと思っていましたがさにあらず、本家もせいぜいあと1~2本多い程度なのだと認識しました。ところで庄司さとしさんというオーボエが素晴らしいです。弦の合間を縫って出てくるあれ、パーカーのストリングスには欠かせないものですからね。でもそれは当然で庄司さんはなんと長年東京フィルの首席オーボエ奏者だった超一流の方だったのです。

澤田さんを聴いていて感じたこと。何といってもその息の長さとピアニッシモの凄さです。LHOの永遠のテーマであるピアニッシモにまだまだ長い道のりを思い知る夕べでありました。

(小澤さん、大谷津さん、水田さん、ひとつシクヨロで)

LHO:平山

2010年7月 7日 (水)

NHK歌謡コンサート

度々LHOのステージにゲスト・シンガーとして出演していただき、いつもメンバーとフレンドリーにお付き合いいただいているまきみちるさんが、この7月20日(火)にNHK総合TV「歌謡コンサート」(20:00~20:45)に出演し「若いってすばらしい」を歌います。

ジャズ愛好家の方達には余りお馴染みのない番組だと思いますが、毎週火曜日にNHKホールから生中継され、常に15~20%という高視聴率を維持しているNHKの長寿看板番組です。演歌歌謡曲中心のアダルト層に向けた歌番組ですが、1回の出演がCDの売り上げにも大きく影響する番組であり、レコード・メーカーや大手プロダクションのNHK担当者がプッキングを試みますが、出演するのがなかなか狭き門なのです。

その歌謡コンサートからみちるさんに出演のオファーがありました。遥か以前に番組出演や営業などの「タレント活動」を卒業して、スタジオ・シンガーとしての道を進みキャリアを重ねてきたご本人としては、かなり出演を躊躇したらしく私にも相談がありましたが「番組の影響力やタイミングを考えると絶対に出演した方がいい」とPUSHしました。親孝行のつもりで出演の意思を固めたそうです。

Kaiwatte_barasuisi_edited 「若いってすばらしい」はLHOのステージでも歌っていただいていますが、聴く度に演奏する度に良く出来た曲だと思います。安井かずみ/宮川 泰のコンビの作品ですが、ジャズ・フレーバーが下敷きになっている歌謡曲としては、坂本 九「上を向いて歩こう

(永六輔/中村八大)」ととも並び賞されるべき昭和の名曲だと思います。最近ではイチローが出ているキリンビールのCFのBGMにインスト・バージョンが使用されていますが、そんなタイミングをみての出演依頼だったのかも知れません。

それにしても、シングル・ジャケットは2人のお嬢さんとクリソツだなあ!!

LHO:橋本

2010年7月 5日 (月)

BRB LIVE レポート

201073brb_edited 7月3日、銀座BRBのライブが成功裡に無事終了しました。プログラムはDon’t Be That Wayで始まってSing Sing Singで終るという、このところずっと定着している進行です。アンコールはHJ楽団スタイルのTake The A Train。アーニー・ウィルキンスのアレンジは演奏していて実に楽しい!手前味噌ですが、平山TB帰還&コンサート・マスター復帰という節目であり、アンサンブル・ワークやソロ・プレイにも勢いと安定感が増した手ごたえを感じました。

この日初めてエンディング・テーマ「HARBOR LIGHTS」を筆おろししました。ダンス・バンドに相応しいエンディング・テーマを、と言う事でかねがね平山と案を練っていたのですが、これで沖のクルーザーから見る「港の灯」はLight House「人間の照明」であることが証明されました。どことなくクインシー/ベイシーの香りのする8小節は「沖釣り名人石倉さん」の編曲です。あと数回吹き込めばメモリーしてチータで演奏出来るようになるでしょう。

前項でもお知らせした通り、ゲスト・シンガーはまきみちるさんと、みちるさんが新たに結成した新コーラス・グループ(伊集加代、まきみちる、山田洋子)の皆さんでした。グループ名を当日発表したい、との意向をみちるさんにお伝えして検討を重ねていただいておりましたがギリギリまで決まらないんだ、これが!OZ SONS若山先生の「検索してもダブらない名前にしないといかんよ」という温かいアドバイスに沿って、色々と名前の候補が出てきましたが本番前日「LADY JAM」にようやく決定しました。その間、みちるさんにはShiny Stockingsのソロ、コーラスの練習、ネーミングの件と色々心労をかけてしまいました。本当にありがとうございました。

201073brb_edited_2LADY JAM」は2部に登場しました。圧倒的な存在感、ドライブ感、楽しい・・・お客様にも充分お楽しみいただけたのではないかと思います。birdieさんの言うように写真で見ると、せっかくのドレスを譜面台が邪魔してますね。準備期間も少なく仕方がありませんでしたが、次回には間に合うでしょう。終演後、LADY JAMMC松野嬢、LHO有志と近くの焼鳥屋で打ち上げ。スパークリング・ワインで乾杯。近々に「LADY JAM」のレパートリーを10曲に増やしたい・・コーラス・アレンジは・・曲目は・・とみちるさん達の思いは膨らみました。やるからには日本一のコーラス・グループを目指すんだ!と。

LHO:橋本

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

フォト
無料ブログはココログ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30