« DRUMの小道具紹介 | トップページ | 鎌倉MIKE'S 45周年パーティー »

2010年10月21日 (木)

宮崎正子

_edited

GET MY WAVE / 宮崎正子】

最近、別線のチェーン・メールで話題になっているアルバムをご紹介します。

宮崎正子は私の1年後輩で、慶大在学中はカルアのリード・ヴォーカルとして活躍していました。当時のカルアはセルジオ・メンデス、フィフス・ディメンション等のレパートリーを積極的に取り上げ、斬新な振付けにもチャレンジしてショーアップしたステージングで人気がありました。そのカルアの一輪の花が正子だったのです。

卒業してからはプロとして活動し、三保敬太郎先輩と結婚してからもライブ活動を続けるかたわら1978年にV社から初リーダーアルバムをリリースしました。そのアルバム「GET MY WAVE」が32年の星霜を経て今年初めてCD化されました。

いちはやくbirdieさんが見つけ、私も直ちにアマゾンでワンクリック注文し、早速聴いてみました。ひと声聴いただけで当時の事が色々とよみがえってきて、ノスタルジックな気分にさせられてしまいます。内容は当時流行だったソフト&メロウな音作りで、伸びのあるファルセット・ボイスがチャーミングです。本人による多重コーラスも聴き応えがあります。編曲はもちろんダンナ様の三保さんで、バックは鈴木宏昌さんが率いるコルゲン・バンド。おっ!ディレクターは私と塾高から同級の角谷ではありませんか。つまりスタッフ全員を塾員で固めた珍しいアルバムなのです。

誰が書いたのか判りませんが、帯のタタキ

_edited_2

には大笑いしてしまいました。

『正子へ』

もし、正子がこのブログを目にしたら是非連絡をください。ライブ活動から遠ざかってしばらく経つと聞いていますが、貴女の音楽への気持ちが遠のいたのでは無い事を信じています。長く歌っていると、自分の歌や自分の芸風に飽きてしまう事は良くある事です。その時は休めば良いのです。休んでいる期間が長ければ長いほど「再び音楽をやりたい、歌いたい」という気持ちが強くなってくると思います。いつも自分の歌にシビアで練習好きで完璧を目指す正子ですが、気軽に登場してください。お待ちしています。最近は昔の仲間達がリユニオンしてバンドを楽しんでいます。以下に書き込まれるであろう、仲間からのコメントも読んでください。

                 橋本伸一

« DRUMの小道具紹介 | トップページ | 鎌倉MIKE'S 45周年パーティー »

コメント

橋本先輩
や、流石に早い!!!
もうこういうblogがでるとは、最高にスイングしますね。
今やカルア、ライト両OB陣営からお声のかかる
”宮崎正子さん”は当時の大スターです。
私のblogには既に当時の想いを書いてしまいましたので、此処では遠慮します。最後の尋ね人の結びは泣けます。
出て来てほしいなあ〜

宮崎正子さん
学生時代、ホントにスターでした。カルア自体もスマートでした。私はほとんど話したことはなく、いつも遠くから見ている存在でした。

卒業後、一度新宿のカレーハウスで出くわしたことがあります。顔だけは覚えてくれてたみたいで、お互いに黙礼しただけでした。当時彼女が属していたバンドの休憩時間だったと思います。学生バンドのスターから一転、無名のバンドはないものの地道な音楽活動をされているようでした。この人は音楽が本当に好きなんだなぁと思いましたね。

その後、三保敬太郎氏と結婚したという話も、その三保氏が夭折されたとも聞きました。

卒業してかなりの時間が経ちます、様々なことがあろうかと思います。私のKMP時代同じステージ乗っていた仲間も残念なことにすでに4人も逝ってしまいました。

そんなことも影響してか、最近学生時代の仲間との行き来が、特に意識したわけでもないのに、あれやこれやと戻ってきました。この時間は貴重で無条件に楽しいです。

ジャケットの写真を見ていて、あのころのカルアサウンドをまた聴いてみたいなぁ思いましたね。

僕 敬タローの同級生 先日正子さんのその後の話をある人から聞き驚きました。
敬タローがとても悔やんでいた事だけ...
wave lp 持っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435987/37327673

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎正子:

« DRUMの小道具紹介 | トップページ | 鎌倉MIKE'S 45周年パーティー »

フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31