« 下町食べ物屋情報 | トップページ | 宮崎正子 »

2010年10月12日 (火)

DRUMの小道具紹介

各楽器それぞれに便利な小物があります。サイレント・ブラスを使って自宅練習したり、ピストン・オイルでバルブやスライドをスムーズにさせたり、というのはよく見かけますが、今回はドラマー以外は余り目にする事のない小道具を2つだけご紹介。

REMO PUTTY PAD

Pa120090_edited

丸い入れ物に入っていますが

Pa120093_edited

中味はガムみたいに柔らかい赤い物体です。

Pa120096_edited_2

取り出して餃子の皮の様に平らに伸ばすと、何処でもドラムヘッドのリバウンド感触が得られ、基礎打ち練習が楽しくなる優れ物です。

ZILDJIAN DRUMSTICK WAX

Pa120098_edited

これはプロの先輩ドラマー、池貝さんから教えていただいた滑り止めのワックスです。練習中にシンバル・レガートが聞こえなくなる事があるでしょ。歳をとると掌の油分がなくなりカサついてきてスティックを落っことすんですよ。ワックスをステイックに塗るとピタッと掌に密着して落とす事もなくなりました。

Pa120101_edited

ココナッツの香料が練り込まれていて、トロピカルな匂いで“その気”にさせてくれます。

今回は、こんなしょうもないネタでご勘弁を。

LHO:橋本

« 下町食べ物屋情報 | トップページ | 宮崎正子 »

コメント

ほーう、上の赤い物体は使ったことないですが見たことあります。これを使って密かに練習しているんだ!

下のワックスこれは全然知りませんでした。
なるほど、使ってみようかなぁと思います。
最近、演奏中によくスティック紛失(落とすものですから)します。
あるはずのシンバルの位置がちょっとずれて空振りすると勢い余ってどっかに飛んでいきますね。

こないだなんか、演奏前に落っことしましたweep
これは脳の問題かなぁ?

こんな記事にも貴兄だけはリアクションしてくれるものと期待しておりました。

今更“密かに練習”なんてしておりません。たまに餃子の皮を広げて面白がっているだけですよ。

WAXは確かにチャンジイDRの強い味方です。是非お試しを。

時に、膝の様子はいかがですか?

お陰様で、あれ以来深刻な痛みにはおそわれておりません。まず無理しないこと。そして練習終わったあととか、ちょっと酷使したあとは、冷水掛けてアイシングしたり、ストレッチをやったりして随分注意はしています。
これが効果があるのかと思ってます。


それよりも、肩が痛いです。
あちらが治まればこちらが暴れだし。
まぁしょうがないですかね。

Sweetie先輩
年内はゆっくり静養されて三月のライヴに備えてください。

Buddy Poor 先輩、先輩のブログを同期の親友Birdieから転送してもらいました、昨年からドラムを習い始めたKennyです。私もドラムスティックをよく落とします。このアイテムは良さそうですね。使ってみたいと思います。この種の情報はとても助かります。
先輩はブラシからスティックに素早く持ち替える際にスティックはどこに置いておられますか。バスドラの上に置く台かホールダーのようなものは売っていませんか。

Buddy Poor先輩、Birdieから転送してもらったために前の投稿がBirdieの名前になっています。念のため。

Kennyさん
コメントありがとうございます。

現在までのところステイックは安易にBTやBD又は2段の譜面台の下部に置いたりしています。以前、近所のコマキ楽器に同様の質問をしたら、パーカッショニストが使っているマレット等のスタンドを勧められました。
(例えばZENN / DPS230)

少し大袈裟になるので、それだったらばBTに密着するステイック置き台を自分で作ろうと思っていますが、まだ着手に至っていません。

私は、パーカッションテーブルPEARL PTT-1212(\3,500前後)をいらなくなったシンバルスタンドに下二段に付けて、いろんなものを置いています。これはけっこう重宝します。

ちなみに、ブラシ、マレット、時計、メトロノーム、ICコーダー、ペットボトルなどを置いてます。
同様のZENNのDPC-120は\780と極端に安いですね。

ただし、素早くブラシはとれませんよcoldsweats01
素早さでは、古典的にバスタムの上ですね。

>Birdieさん
ありがとうございます。
極力、無理はしてません。

このブログがきっかけで構想10年の自家製「簡単便利バスタム直付けステイック・トレイ」が完成しそうです。部品はダイソーで210円で購入して、一応ダミーは出来ました。

あとは「森山工務店」と共同制作で商品化するだけです。数週間のうちに写真でお目にかけます。

ドラム談義には入れないのが残念です。
本日はこれから大阪に行きます。
今夜ヌーボーに顔をだせるかどうかはまだ分かりません。

今、京都を出て芦屋に向かっています。
今晩の用事を早めに済ませてヌーボーに行きたいな。

仙台出張から帰宅したところです。仙台では仙台ZAというJazzクラブに行ったらフュージョン風ピアノトリオが演奏していて若手ドラマーが超絶テクを披露していました。音楽自体は嫌いでしたが。
先輩のブログがスティック置き場で結構賑わっているので楽しくなりました。「バスタム直付けスティックトレイ、カスタマーNo.1として予約させていただきます。

Sweetie先輩、情報ありがとうございます。皆さんやはりいろいろ工夫されているんですね。BuddyPoor先輩の創作スティック台と併せ検討させていただきます。

Birdieさん
大阪で生バンでJAZZを歌える店を紹介します。Garland Tel.06-6344-8291
北区曽根崎新地1-3-1 大橋ビルB1
マスター:吉利さん
楽器の飛び込みもOK。東京のレベルより相当低いので何をやっても大喝采。

昨晩は、道に迷いながらヌーボーに行きました。新大阪で会食が終ったのが10時です。店についたら10 時50分頃。何と満席の賑わいでした。
最初は知った顔がおらずどうしようかと思いましたが、暫くするとMTB さんが来店、久し振りにガンガン行きました。ドラムはタクウさんのライヴを手伝ってくれた田中ヒロシプロ。ベースもゲイダッシャです。
Sweetie 先輩は二日前に来店されたそうですれ違いでした。残念無念。

Birdieさん
それは残念でしたね。
いつも、ボーヌーではすれ違いですね。
今度から早めにご連絡を。

タイコの田中ヒロシがいれば、ガンガンいけたでしょう。
それは良かった。
happy01

Kenny へ
ご紹介有難うございます。
我々JAZZ仲間は大阪といえばヌーボーなのでして、
音のレベルは良くマヌエラと比較される位です。
店の作りが全く違うのでなかなか楽しめますよ。
御堂筋から新地永楽通りを入ってすぐ右手の二階です。
但しだれか常連と行かないと歌わせて頂けないかもしれません。楽器も同様。

因みに

Sweetie先輩

すいません。今回は新大阪で日本ユニバック時代の同期の会合があって、まず時間的に行けないだろうと思っていました。ところが酔った勢いでシータクに乗ってしまったのです。そしたら筋を二本間違えて覚えていましたので、そこからKWSM先輩に電話して場所を聞きました。記憶なんて良い加減なものですね。

それから今回このblogに書き込んでいるkenny とは僕の高校、大学と同期の力石くんです。
今、もう一つのカルアージュというOBバンドでドラムを叩いています。Buddy Poor先輩から、あいつはセンスが好いと誉められ目下プロについて猛練習しています。彼が大阪に行ったせつは宜くお願いします。

Sweetie先輩
ヌーボーのご紹介ありがとうございました。次回大阪出張の節はぜひ行ってみたいと思います。Birdieと違って歌は(まだ?)やりませんので、ドラムで参加できなければもっぱら聞き役です。
昨年夏から中学で同級生だったのジャズピアニスト(大口純一郎)から紹介を受けた楠本卓二さんのレッスンを月約2回のペースで受けています。「六十の手習い」でちっとも上達しない自分にイライラしていますが、学生時代から米軍キャンプで仕事をしていた楠本さんの腕前には舌を巻きます。今後も楠本さんと四方山話をしながらお気楽にレッスンを受けて、薄皮を剥ぐように少しずつでも上達すればいいかなと考えております。

>Kennyさん
そのうち、ぜひお目にかかりたいです。

>大口純一郎
懐かしいですね。氏とは例の謎の宝石商と一緒にバンド組んで一二回だったと思いますが、PIt Innの朝の部に出演したことあります。まだ、東工大の学生じゃなかったでしょうか。
楠本卓二さん、元気にされているのですね。何度かPit Innとかタローでプレー拝見したことあります。
楠本さんにちゃんと教わっているのは素晴らしいですね。そのうち成果確実にでてくると思いますよ。

Sweetie先輩
ありがとうございます。機会をつくって是非お目にかかりたいと思います。
そのとおりです。大口は東工大のジャズ研出身です。彼は東大出の親父が農林水産次官の後日本水産の社長⇒会長を務めた名門の長男なのに、あらゆる企業からの就職勧誘を断ってジャズの道に入ってしまいました。そのきっかけを作ったのは浪人時代に再会したとき私の家に招いて聴かせたBill Evans や Tom Jobimなどの名盤でした。幼少からクラシックピアノを継続的に習っていてバッハなどを弾いていた彼をこの世界に引きずり込んだ責任の一端は私にもあるというわけで、今でも熱烈応援しております。
それにしてもこの世界は狭いですね。
楠本さんはとてもナイーブなナイスガイで、波長がぴったり合います(先方が合わせてくれているのかも…)。
それにしても Sweetie先輩はピットインに出るほどの腕前だったのですね。畏敬の念を抱きます。今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435987/37199677

この記事へのトラックバック一覧です: DRUMの小道具紹介:

« 下町食べ物屋情報 | トップページ | 宮崎正子 »

フォト
無料ブログはココログ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30